• カート中を見る
  • つまみ細工
  • 着物の切れ端

商品カテゴリー

ご利用ガイド

わびさびやショップ情報

  • 掲載商品・ご注文・発送に関するお問い合わせはメールにてお受けしております。
  • 受付時間 10:00 ~ 18:00 (土日祝除く)
  • お問い合わせへのご返信・受注処理等は翌営業日までに対応させていただきます。
  • 土日祝日はご質問への対応や発送などの業務を休ませて頂いております。

これまでの訪問者

  • おっちゃん窯の愛称で親しまれている国光窯
  • おっちゃん窯の紹介発見!
  • お客様の声
  • わびさびやブログ わびさび日記
  • リンク集

新着情報

TOP新着情報小石原焼についてご紹介致します。

小石原焼についてご紹介致します。

2011年04月01日

生活雑器としての道を歩みながら、「用の美」を確立した小石原焼

 小石原焼は、小鹿田(おんた)焼の源流となった焼物です。
荒々しい大物から細やかな装飾のものまで、窯元によって作風が大きく異なります。

 小石原には50軒にのぼる窯元が点在し、特に国道211号線沿いと皿山地区に集中しています。
 天和二年(1682年)に黒田3代藩主光之が肥前伊万里の陶工を招き、中国風の磁器を伝え、この頃すでに小石原にあった高取焼と、この窯が交流することにより、中野焼が形成されていきました。昭和の時代になると一般的に「小石原焼」と呼ばれるようになったようです。

 

種類も豊富で湾曲した鉋で模様をつけていく「飛び鉋

指で模様をつけていく「指描き

刷毛や櫛を当てて模様をつける技法「刷毛目・櫛目」など

 

300年以上の伝統と新しい風に、ぜひとも触れてみませんか?

 

小石原焼の中でも特に一味違った、
個性的な作風の国光窯

通称「おっちゃん窯」とも呼ばれ、数多くの通な方々からも親しまれています。

▲関連ページへ▲

お知らせ一覧に戻る

topへ

TOP新着情報小石原焼についてご紹介致します。